2014年11月23日

ラジオスプートニク、16年に電波が戻るかも

今年、2度も解雇されたラジオスプートニク(旧ロシアの声)のスタッフの皆さん。

真野さん、後閑さんが出演された22日夜の「お便りスパシーバ」にて、「デジタルながら放送が残った、2016年に短波・中波が復活する希望がある、日本語課の皆が帰ることができた」ことが伝えられた。

「インターネットは緊急事態には使えないのだ」というコメントは、震災を経験した日本のリスナーの皆さんなら理解できるところですね。

また、真野さんが担当しているお便りへの返事が、ものすごく遅れているそうです。短波停止前の年末以降に送られたお手紙が、突然読まれたりするかもしれません。今後の番組にご注目です。

---
http://radio-no-koe.seesaa.net/
http://blogs.yahoo.co.jp/radio_no_koe
ラベル:BCL ヨーロッパ
posted by ラジオの声 at 03:50| Comment(0) | 短波放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

人気記事
    北乃カムイ、オフィシャル
    本ブログのRSSフィードは以下です
    http://radio-no-koe.seesaa.net/index.rdf#
    タグクラウド
    BCL RTL-SDR