2015年04月16日

ELPA、2千円ラジオ代表格が廃番に

ELPAブランドの朝日電器さんのラジオ。2千円ラジオの代表格だった2機種が、ついに生産完了となりました。

デジタル表示のER-21T-Nと、アナログスケールのER-20T-Nです。

"ER-21T-N"
2千円ラジオとしては、感度が良いと評判でした。周波数をデジタル表示でき、5kHz直読。スリープタイマーの他に、目覚まし用タイマーもあり、お買い得感満載でした。

"ER-20T-N"
アナログスケールの代表機種でした。AudioCommの同等機種と比較して、バンド切り替えの表示がわかりやすい、と評判でした。感度もよく、同調インジケータもあり、とても親切な造りでした。

【関連記事】
 http://radio-no-koe.seesaa.net/article/417053607.html
 "[新製品]短波ラジオ AudioComm RAD-S520N" ('15.4.10)
 http://radio-no-koe.seesaa.net/article/409399948.html
 "初めての短波用外部アンテナ" ('14.11.22)
 http://radio-no-koe.seesaa.net/article/417417391.html
 "ELPA、エアバンドも聞ける短波ラジオ" ('14.10.22)


---
http://radio-no-koe.seesaa.net/
http://blogs.yahoo.co.jp/radio_no_koe
ラベル:日本 BCL 短波放送
posted by ラジオの声 at 23:55| Comment(0) | 短波ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

人気記事
    北乃カムイ、オフィシャル
    本ブログのRSSフィードは以下です
    http://radio-no-koe.seesaa.net/index.rdf#
    タグクラウド
    BCL RTL-SDR
    RECENT SWL REPORT