2017年04月15日

オランダRNW、1日限りの放送

2012年に短波送信を終了し、放送局としての役割を終えたオランダ RNW Radio Nederland Wereldomroep(worldwide) の旧スタッフが、 自動車博物館に置かれた報道用のバンを使って、1日限りの復活を果たした。

2017年4月15日1800JSTから開始された番組は、16日 0100JSTまで続く。放送は終了しました。

オランダの Schagen(スハーヘン/スカーゲン)にある自動車博物館 Automuseum Schagen にて開催された公開イベントとして、1800JSTの開始時は、短波放送時代の Radio Netherlands のインターバルシグナルが流れ、さらに1830JSTの英語番組の開始時には、過去の日本向け放送のオープニングでも使われたジングルが流れた。

この番組は、shortwaveserviceの 1kW短波送信機(3985kHz,6005kHz,7310kHz,15560kHz)が使われているため、日本での直接受信は難しいが、インターネット経由で番組を楽しむことができる。放送は終了しました。
shortwaveservice 3985kHz

なお、放送に使われたバンは、1958年に引退し、博物館入りしたものの、最近、機器修理を行い、ミキサー、アンプ、マイク、ケーブル、テープレコーダなども再稼働できたとのこと。その経緯は Facebook にて公開されている。また、そのワゴンが写っている Radio Netherland のQSLカード(1971年)も紹介されている。

---
http://radio-no-koe.seesaa.net/
posted by ラジオの声 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 短波放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449045364

この記事へのトラックバック
宇宙天気情報 日報
宇宙天気情報 週報
宇宙天気情報 臨時
HappyStation
MediaNetworkPlus
Actualidad DX COM AR
Actualidad DX COM AR (es)
北乃カムイ、オフィシャル
本ブログのRSSフィードは以下です
http://radio-no-koe.seesaa.net/index.rdf#
タグクラウド
BCL RTL-SDR