2017年10月14日

プエルトリコへ、1万台の短波ラジオ

ハリケーン「イルマ」と「マリア」により、甚大な被害を受けたプエルトリコへ、米国から1万台のラジオが寄贈されることになった。

これはNAB(The National Association of Broadcasters 全米放送事業者協会)が2017年10月10日に発表したもので、資金を出すのは、NAB と NASBA(National Alliance of State Broadcasters Associations) と複数の米国の放送局。
Broadcasters Donate 10,000 Radios for Puerto Rico Hurricane Relief Effort ('17.10.10)

アメリカのラジオ業界誌 Radio World の報道によると、贈られたラジオは、QFX社の R-9 。QFXは、アメリカで低価格のオーディオ製品を販売している業者。

R-9は、米国で実売 $10〜12。MW/FM/SW 7band 構成のアナログチューナーで、製造は中国。短波帯は 5.9〜18.8MHzをカバーする。 スライドスイッチ式のMW/SWバンド切り替えと、DX/LOCALの感度切り替えが可能。日本で発売されている低価格品のアナログラジオと似ている。

ご参考までに QFX 社の2017年カタログ(PDF)へのリンクは以下の通り。
http://www.qfxusa.com/Pdf/QFX%20Catalog%202017%20USA%20PDFSmaller.pdf

【関連記事】
 [新製品] ELPA、2千円ラジオの後継機 ('15.8.2)

--
http://radio-no-koe.seesaa.net/
posted by ラジオの声 at 06:52| Comment(0) | 短波ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

人気記事
    北乃カムイ、オフィシャル
    本ブログのRSSフィードは以下です
    http://radio-no-koe.seesaa.net/index.rdf#
    タグクラウド
    BCL RTL-SDR