2019年11月03日

B19 パラオT8WH、短波停止か?(追記)

旧World Harvest Radio のパラオ送信所 T8WH を所有する Family Broadcasting Corporation 社が次のような告知を出している。

[2019/11/03 0156 記載]

同社のウェブサイトによると・・・

WHR_B19_191102.png

2019年10月27日現在、ワールドハーベストラジオは、サウスカロライナ州の WHRI からのみの送信です。このウェブサイトは近日中に更新を予定しています。

これはすなわち、サイプレス・クリークからの送信を継続し、パラオからの送信を停止している、という意味であり、2019年11月1日の夜、海外のサイトでは、9930kHz が放送されていた、との報告が掲載されていた。そのため、翌2日の T8WH の日本語放送の動向に注目が集まった。

WHR_B19_191102B.png

その結果、ついに放送されず。

上記番組以外の World Harvest Radio による番組も停止された模様であり、これが永続的な終了を意味するものか、正式なリリース待ち。ただし、同送信所から中継を行っている NHK WORLD RADIO JAPAN については、一部の番組が放送されている。

 2019年11月2日
 2015-2100 9625kHz インドネシア語 放送なし
 2215-2300 11925kHz インドネシア語 放送あり
 2300-2330 11925kHz 東南アジア向け英語 放送あり

以下の録音は、最後の放送になる可能性が高い 2019年10月26日(土)の『主の来臨に備えて』の開始時のもの。なお、オープニングの途中で、エンディングの告知が混入している。しばらく前の番組からこの状態であった。


次の録音は、同日の『主の来臨に備えて』終了時のもの。これが事実上の最後の放送となってしまうのであろうか?



注)パラオの送信機は、北朝鮮向け番組にも使われていますが、詳細な言及は、北朝鮮による妨害行為を助長する恐れがあるため、当ブログでの言及は避けます。

[2019/11/03 11:55追記]

『主の来臨に備えて』はタシュケントからの土曜夜10時へ移動したらしい。

 5945kHz
 2200-2300
 放送対象地域:日本
 出力 100kW アジマス 66
 配信会社: ドイツ Media Broadcast GmbH
 放送曜日: 土曜

エビデンスはこちら・・・


---
http://radio-no-koe.seesaa.net/
ラベル:A19 日本語放送 T8WH
posted by ラジオの声 at 12:00| 短波放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    北乃カムイ、オフィシャル
    本ブログのRSSフィードは以下です
    http://radio-no-koe.seesaa.net/index.rdf#
    タグクラウド
    BCL RTL-SDR
    RECENT SWL REPORT