2019年11月10日

B19 南極のサン・ガブリエル大天使放送局 LRA36 からQSL

アルゼンチンのエスペランサ南極基地にある短波放送局、サン・ガブリエル大天使放送局「LRA36」よりQSLが届きました。


LRA36_QSL_10_20_2019.jpg

2019年10月20日に放送された開局40周年記念番組のうち、日本語番組に関するQSLです。ただし、直接受信ではなく、アイスランドおよびチリによる遠隔受信(SDR)と、同基地からのストリーミング配信を含めた同時受信について、英語によるレポートを送ったところ、受信確認が認められました。

アイスランドは、大西洋からの海洋伝搬を受信しやすい環境にあり、アルゼンチンとは真逆の位置にありますが、伝搬しやすい位置関係にあったことを証明したものです。

また、当日、短波の伝搬状況が悪く、アルゼンチンやブラジルでは受信困難な状態でしたが、チリについては、限られた時間だけ、聴取可能でした。

お礼する際に、新たな機会を作っていただけるよう、お願いしておきました。もし連絡が来ましたら、当ブログ、Twitter サイト、Facebook サイトにてお知らせします。なお、直接受信ではなく、SDR受信については、単純な報告は望まれないと思いますので、報告書の内容について、リスナー独自の工夫(例えば、動画提供など)は必要かと思われます。

【関連記事】
 A19 アルゼンチンLRA36 40周年記念番組、日本語放送(追記) ('19.10.22)

---
http://radio-no-koe.seesaa.net/
ラベル:BCL 日本語放送 RAE
posted by ラジオの声 at 00:58| 短波放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    北乃カムイ、オフィシャル
    本ブログのRSSフィードは以下です
    http://radio-no-koe.seesaa.net/index.rdf#
    タグクラウド
    BCL RTL-SDR
    RECENT SWL REPORT