2014年12月26日

B14 インドネシアの声、トリビア(その7)最終回

インドネシアの声、トリビアのその7。
その6の続きです。
http://radio-no-koe.seesaa.net/article/410942436.html

同局について情報が少ない事情は私も同じですが、どのような方が放送されているのでしょうか?

三才ブックスさんの「BCLライフ2011」のインドネシアの声を紹介するページに、インドネシアの声のパンフレットから転載されたスタッフの写真が掲載されています。

そのうち、2014年12月現在、インドネシアの声日本語放送アナウンサーとして、ご活躍されているのは、エンダ(Endah)さん、アデ(Ade)さん、エルナ(Erna)さんの3名の女性です。

日本語放送開始のアナウンスをご担当されているのがAdeさん、やさしそうな声を出すのがEndahさん、日本語発音は今一つだけど豪快な語り口はErnaさんです。

トリビア(その5)http://radio-no-koe.seesaa.net/article/410567975.htmlでも触れましたが、Voice of Indonesiaの位置づけは国営(国立)ではなく公共放送です。日本のように「聴取料」という制度もあるようですが、現実は回収困難に直面し、経営状態はおもわしくありません。リスナーからの反応が命である国際放送部門としては、予算も人員確保も難しいのでしょう・・・。

そのような中で日本語放送を継続していただいていることに感謝しなければなりません。皆さんも応援を続けませんか?ちなみに、廃刊となった PASSPORT TO WORLD BAND RADIO (PWR) には、「日本語放送へお便りを郵送すると、NHKのジャカルタ支局に誤配送される」という注意書きが書かれていました。

インドネシアの声のストリーミング放送は、公式には朝6時から1時間ですが、TuneInを通じて、まれに(短波放送と同じ)夜9時や、昼12時からも日本語放送をストリーミング配信する場合があります。(残念ながら2014年12月中旬から配信されていません。)

以上、インドネシアの声、トリビアでした。ブログゆえ情報量を最小限にとどめています。これまでお読みいただきありがとうございました。
---
http://blogs.yahoo.co.jp/radio_no_koe
http://radio-no-koe.seesaa.net/
posted by ラジオの声 at 20:19| Comment(0) | ストリーミング放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

人気記事
    本ブログのRSSフィードは以下です
    http://radio-no-koe.seesaa.net/index.rdf#
    タグクラウド
    BCL RTL-SDR
    RECENT SWL REPORT