2016年04月07日

A16 ロシア、ライブストリーミングを停止か?

ラジオ・スプートニク日本語より、突然の発表が行われた。

既に、ペーチカさんへの投稿、ならびに、国際短波放送情報さんのブログが先行して伝えて頂いたように、2016年4月6日夜10時代のラジオ・スプートニク日本語放送の冒頭にて、後閑理恵アナにより、次のような告知が行われた。

9時台の放送では間に合いませんでしたが、スプートニクのインターネット放送は、本日で最後となります。今まで聴いて下さったリスナーの皆様に、日向寺康雄アナウンサーをはじめ、スタッフ一同、心から御礼申し上げます。

なお、スプートニクは、インターネット放送がなくなった後も、先日スタートしましたサウンドクラウドで番組を配信してまいります。今後は、サウンドクラウドの番組をお聞きいただけますと、うれしい限りです。

ご報告が急になってしまったことを、心からお詫び申し上げます。どうぞ、これからも、スプートニク日本をよろしくお願い申し上げます。


この局が日本語放送を開始したのは、1942年4月14日。74年に及ぶ歴史の中で、これは、前進とみるべきか後退とみるべきか。まさに突然の発表であった。soundcloud sputnik japaneseサイトでの多面的な展開に期待してみることにしよう。

[2016/4/10追補]
ウラー!「お便りスパシーバ」復活 4月10日号にて、ライブストリーミング(インターネット放送)が中止に至った理由が述べられました。

【関連記事】
 ロシア日本語、「お便りスパシーバ」4/2号 ('16.4.3)
 国際ライブ放送 (随時更新)

---
http://radio-no-koe.seesaa.net/
http://blogs.yahoo.co.jp/radio_no_koe
posted by ラジオの声 at 01:22| Comment(0) | ストリーミング放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

人気記事
    本ブログのRSSフィードは以下です
    http://radio-no-koe.seesaa.net/index.rdf#
    タグクラウド
    BCL RTL-SDR
    RECENT SWL REPORT