2020年05月06日

A20 フィリピン、放送停止命令により、中波5局も停止

フィリピンの政府機関、国家通信委員会が 2020年5月5日、大手民放グループ ABS-CBN に対し、放送免許が失効したとして放送停止命令を出した。この影響により、日本でも受信できる中波局に影響が出ている。

ABS-CBN will stop airing its programs on these frequencies after the National Telecommunications Commission ordered the network to "cease and desist" broadcasting on all TV and radio stations nationwide.

ABS-CBNグループのSNSアカウント、および、WRTH2020によると、放送停止命令の対象に含まれる中波局は以下の通り。

DZMM 630kHz 50kW (Obando, Bulacan)
DYAP 765kHz 10kW (Puerto Princesa City, Palawan)
DYAB 1512kHz 10kW (Cebu city)
DXAB 1296kHz 10kW (Davao City)
DYRV 1188kHz 1kW (Catbalogan City, Western Samar)

なお、掲載は割愛するが、FMラジオ局としては、合計18局が停止対象となった。

特に、DZMMについては、フィリピン国内でもジャーナリズムのリーダー的存在のラジオ局でもあったし、日本での中波DX局としても有名だっただけに、成り行きが心配。なお、ABS-CBNの国際衛星テレビ放送 TFC については未確認。

---
http://radio-no-koe.seesaa.net/
posted by ラジオの声 at 11:29| 中波ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    本ブログのRSSフィードは以下です
    http://radio-no-koe.seesaa.net/index.rdf#
    タグクラウド
    BCL RTL-SDR
    RECENT SWL REPORT