2020年09月16日

A20 NASAとNOAA、太陽活動第25期の開始を発表

米国の宇宙天気予報を担当する機関である NOAA Space weather center が、2019年12月にソーラーサイクル(太陽活動極小期の間隔)が24期から25期へ変化したことを公式に発表した。

[NOAA] Hello Solar Cycle 25 ('20.09.15)

これは、2020年9月15日、NASAとNOAAが共同議長を務める「ソーラーサイクル25に関する予測パネル(The Solar Cycle 25 Prediction Panel)」により決定された事項。その要旨は以下の通り。

【ソーラーサイクル24】
・過去13カ月の平均黒点数によれば、2019年12月に 1.8 の最小を記録した。
・前回のソーラーサイクル24は異常がみられ、北半球の方が南半球よりも、2年早くピークを迎えた。
 そのため、北半球と南半球のピークが同相にならず、太陽黒点数は少なくなった。

【ソーラーサイクル25】
・過去8カ月の状況によれば、太陽活動は順調に上昇しているが、サイクル24と同様に「弱い」と予想される。
・太陽活動の極大期は2025年7月、ピーク時の黒点数は115と予想。

---
http://radio-no-koe.seesaa.net/
posted by ラジオの声 at 06:08| 短波放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    北乃カムイ、オフィシャル
    本ブログのRSSフィードは以下です
    http://radio-no-koe.seesaa.net/index.rdf#
    タグクラウド
    BCL RTL-SDR
    RECENT SWL REPORT