2021年10月23日

A21 ブルガリア、再開した海外向け放送を拡張

2021年4月に5年ぶりに海外向け放送を再開したラジオ・ブルガリアが、予告通り9月から放送言語を拡張した。




ラジオブルガリアは 2017年に海外向けのラジオ放送を廃止していたが、再開の前兆は昨年公開されたポッドキャストによる以下の特番であった。


2021年4月に再開した言語は英語、ドイツ語、ロシア語、トルコ語の4か国語。同局のスペイン語サイトによれば、再開の理由は「ブルガリアに関心のある外国人にこの国を紹介し、宣伝するイニシアチブを開始した」とある。
Las noticias de Bulgaria: cada día en nueve idiomas en Radio Bulgaria(訳 ブルガリアからのニュース:ラジオブルガリアで毎日9か国語で)


残る5か国語、スペイン語、フランス語、セルビア語、ギリシャ語、アルバニア語については、2021年9月からの再開となった。聴取はオンライン受信を呼び掛けている。
Escucha la voz de Bulgaria en nueve idiomas en Radio Bulgaria(訳 ラジオブルガリアで9つの言語でブルガリアの声を聞く) ('21.09.29)


なお、オンライン聴取を呼び掛けているが、576kHz にてロシア語番組が聞こえているようだ。


今回の送信元かどうかは不明だが、ブルガリアはルーマニア国境に近いグラマダ (рамада / Gramada)に Horizont(ホライゾンラジオ)の名称で 200kW のAM送信機 (576kHz) を所有している。なお、同国は 2012年に短波放送を廃止した。

【関連記事】
 B15 ブルガリアR.Bulgaria、創立80年 ('16.01.26)
 A15 ブルガリアR.Bulgaria、少年合唱団日本公演の成功を伝える ('15.07.14)

---
http://radio-no-koe.seesaa.net
posted by ラジオの声 at 07:57| 短波放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    本ブログのRSSフィードは以下です
    http://radio-no-koe.seesaa.net/index.rdf#
    タグクラウド
    BCL RTL-SDR
    RECENT SWL REPORT